60周年の吉本新喜劇が新リーダー4名を迎え、4座長4リーダーの新体制へ。アジアツアー5カ国も発表!


出典:ラフ&ピース ニュースマガジン

1959年3月1日にうめだ花月劇場オープンと同時に発足した吉本新喜劇、
現在約110名の座員によって構成されるまでに成長した吉本新喜劇は今年60周年イヤーを迎え2019年3月から2020年3月まで様々な企画が行われます。

これに伴い、新体制発表記者会見が大阪市内で開催され現座長の 小籔千豊 、川畑泰史 、すっちー 、酒井藍 の4名に加え、
次期座長候補としてリーダーに就任した 清水けんじ 、吉田裕 、信濃岳夫 、諸見里大介 の4名が会見に出席。
4座長・4リーダーが次なる「吉本新喜劇」に向けて進化し、 全国区を目指して盛り上げていくと意気込みを語りました。

現ベテラン座長であり長年新喜劇を支えてきた 内場勝則辻本茂雄 の2人は2019年2月末をもって座長を勇退するものの、
吉本新喜劇の顔として引き続き座員として幅広く活動していかれます。(なんばグランド花月での座長公演は3月4日まで)
続きはこちらから

 

吉本新喜劇史上最大規模で行われる『吉本新喜劇ワールドツアー ~60周年 それがどうした!~』を開催!


2019年3月から2020年3月まで、小籔・川畑班、川畑・すっちー班、すっちー・酒井班の3チーム体制で、47都道府県全てを回り、
さらに10〜12月にかけ5カ国の海外公演を予定している。

10月25日・26日は中国公演、11月3日はシンガポール公演、11月24日はマレーシア公演、12月8日はインドネシア公演、12月15日はタイ公演

会場は後日発表されます、ツアースケジュールほか詳細は 公式HP をご覧ください。